「三帯三」PROJECT #002 - 京都西陣市街図(白・黒) -「帯に浮かび上がる、進化再生を続ける西陣の街」

  • 330,000円(税30,000円)
商品到着まで2〜3週間を想定しています。(受注頂き次第、在庫の仕立てを完成し、発送致します。)

帯名は「京都西陣市街図」
同じ柄で、色は黒・白の2 色。
金継ぎからインスピレーションを得て、場所と場所、家と家、人と人をつなぐ、京都特有のグリッド構造の「通り」をねん金糸を使った金色に、帯の太鼓の部分にあたる西陣エリアには色を加えることによって、西陣を中心に発信・発展していくイメージを表現しています。

<クリエイター>
建築家 矍 史子
京都大学卒業。東京大学大学院に進学、スイス連邦工科大学チューリヒ校留学、Christian Kerez、HHF Architectsでのインターンシップを経て2007年同大学院修士課程修了。2007年より2012年までHerzog & de Meuron勤務。2012年 +ft+/矍聖忙匏築設計事務所設立、神戸大学学術推進研究員。2013年−2015年東京大学特任研究員。2017年工学院大学非常勤講師、京都造形芸術大学非常勤講師。2015年35歳以下の若手建築家によるガラス建築の設計競技にて最優秀賞を受賞、AGC Studioにて実寸大展示を行った。


<西陣事業者>
株式会社桝屋眸 代表取締役社長 高尾 朱子
1960年創業。「時に耐える美しさ」をもつ織物を生み出すという理念を創業の原点とする桝屋眸・眸弘の三女として京都に生まれる。京都女子大学卒。1995年 株式会社桝屋眸入社。2015年 トルコ訪問。高級時計メーカーフランクミューラーの依頼により、世界で一点だけの帯を制作。代表取締役社長就任。


プロジェクト概要はこちらから
上部へ戻る